初心者のためのブログの作り方と進め方

スポンサーリンク
ライティング
この記事の中身

これはブログを始めたいと考えている人、はじめたばっかりの人にむけたアクセスを稼げるブログを作るための基本の流れを伝える記事です。

これを読むことで、ブログの基本的な執筆の流れとブログSEOにおける基本的な知識を持つことができるので最短でアクセスを稼げるブログを作ることができるようになります。

スポンサーリンク

ブログを作りはじめる前に知っておくべき流れとは

まずはじめに、ブログをどのような流れではじめていけばいいのかについて話したいと思います。ざっくりいってしまうと、ブログの作り方はこのような流れではじめるのがおすすめです。

  1. ブログをどのようにはじめるかを決める
  2. ブログの目的を明確にする
  3. ブログの目的に合わせた読み手を考える
  4. ブログの読み手の立場になって検索キーワードを考える
  5. ブログの記事をキーワードにそって書いていく

ブログをどのようにはじめるかを決める

ブログをどのようにはじめるか?というのは、

無料のブログサービスを使うのか?それとも自分のブログそのものをつくるのか?ということです。

無料のブログサービスというのは、「アメブロ」や「はてブロ」と言われるメールアドレス等の登録だけで簡単にはじめることができる企業が提供するブログサービスのことです。

一方で自分のブログそのものをつくるというのはレンタルサーバーなどを自分で契約して、一からWordpressなどのサービスを利用して作り上げる方法のことをさします。

基本的には私は上記の記事内でもWordpressを押していますので、今回はそのような方向けに実際どのような形でレンタルサーバーを借りていけば良いかを比較してみましたのでご確認ください。

という形でまずはブログを書くための場所をセッティングしていきます。この時にドメイン設定とかがありますが、ドメインについては別の機会に話をしたいと思います。

ブログの目的を明確にする

ブログの箱ができる前にもこの目的は明確にする必要があるのかもしれませんが、ブログのカテゴリやブログ記事を書き始める前にもう一度確認することをオススメしています。

なぜあなたはブログをするのでしょうか?

アフィリエイトで稼ぐためでしょうか?こちらの記事ではブログのメリットとデメリットについて書いています。

もしブログをする目的がアフィリエイトで稼ぐことであれば競合調査や自身の強みを活かせるフィールドで勝負する必要があります。

アフィリエイトの単価が高い分野で記事を書いていったとしても、あなた自身に知見がなければ競合にとても勝てるようなアクセスを上げることのできる文章をかけるとは思いません

まずは、自分の得意な分野もしくは知見の分野で且つアフィリエイトの単価が高いものはなんなのかを探していく必要があります。

もし、仮に知見がない高単価なアフィリエイトに挑戦したい場合は止めません。最低限したのブログのやってはいけないことを実践するだけでもある程度のアクセスを稼げるようになるかもしれません。

ブログの目的に合わせた読み手を考える

ブログの目的が明確になれば、必然的にブログの読者が想像できるはずです。例えば幼児英語教材のアフィリエイトであれば、読み手は幼い子どもを持つ親か妊娠中の奥さんが読み手として想像することができます。

次に、その読み手はどんな状況であなたが今後作るブログに訪問してくれるかを想像します。

つまりあなたのブログは、想像する読み手にとってどんなメリットがあるのかを考えます。

妊娠中の奥さんであれば、胎教として良い幼児英語教材は何かあるのか?効果はあるのか?といった疑問や課題を解決できるメリットをブログは持っておく必要があります。

読み手(検索者)の検索意図を検討することがSEOの基本でもあります。ライティングにおけるSEOの基礎知識についてはこちらをご確認ください。

ブログの読み手の立場になって検索キーワードを考える

読み手の疑問や課題がみえてくると、次に考えたいのがそれらの疑問や課題を解決しようとするために読み手はどのような検索キーワードを入力するかを考えてみましょう。

「問題+解決関連のキーワード」

例えば先ほどの胎教の英語学習についての疑問は何かといったときに、一般的に考えられるのが「胎教における幼児英語教育の効果があるのか?」ということだと思います。

検索キーワード=「胎教読み手キーワード 幼児英語教育メインキーワード 効果疑問キーワード

として想定できるのでこれらのキーワードをベースにこれからいよいよブログ記事を書き始めます。

ブログの記事をキーワードにそって書いていく

先ほど決めたキーワードにそって、記事タイトルを決め記事を書いていくことを勧めします。具体的には上記のキーワードを含めた、ページタイトルが重要になってきますがここはこちらのタイトル出しの記事を参考にしてみてください。

タイトルがある程度かけてくれば、次はボディーの書き方ですがブログの中身である見出し部分にもキーワードに関連する共起語を含んで長めのタイトルにすることです。

そうすることで、タイトルと中身が一致するということでGoogleが判断していき評価も徐々に上がっていきます。

小見出しが出てくればあとはこちらの記事にあるようにブロック単位で記事を書くことでよりシンプルに記事を仕上げていくことがでいます。

ブログを始めたばかりの人がやるべきこと

ブログをやりはじめたばっかりの人が上記の設定がやることはたっ二つです。

  • SEOの計測タグをブログに設定する
  • 極力毎日ブログを更新できるようにする

すでにワードプレスにて記事の構築が完了の人は、今後の分析がしやすいように最低限Googleアナリティクスとサーチコンソールを設定しておくようにしましょう。

二つ目のブログはとにかく更新するということが大切だという話ですが、事実毎日更新することによりサイトにキーワードパワーがついてきます。

毎日ブログを続けるためのヒントはこちらです。

ブログをはじめてからやってはいけないこととは

ブログをはじめてからやってはいけないことって実は結構あったりしますが、知らない人が多いということがわかりましたので、今回リスト化しておきたいと思います。

  • ブログのタイトルは一度きめたら書き換えない
  • 一度掲載した記事は、削除せずに取っておけるものは情報が古くても掲載
  • ターゲットを増やしてアフィリエイト用にカテゴリ等を増やさない

この点に関しては細かく別の機会に説明していきますが、基本しないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか、「ブログの書き方の基礎と、やるべきこととやらないこと・やらないこと」は明確になりましたでしょうか。

簡単なブログの書き方の基礎やSEOを知っていれば稼ぐまで最短で稼げるようになりません。よければTwitterでも無料相談をうけておりますので、分からない点あれば気軽にメッセージでご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました