オンライン英会話スクールで学ぶ前に知っておくべき3つの障害とは?

スポンサーリンク
英語学習

英会話をはじめたい!と思うときは、大抵は学校という教育過程を終了した時が多いのではないでしょうか。高校でもっと英語の勉強をしていれば、大学で英語を専攻していれば・・・と数多くの後悔を重ねた上で、出す結論が「今からでも遅くない!英会話をはじめよう。」と思うのではないでしょうか。また、会社の転職や事業部の改変、会社の方向性の転換によって英会話のスキルが求められているのではないでしょうか。しかし、会社に勤務しながらであるとどうしても時間的制約があり英会話教室に通えないということがあります。そのような時間的制約、場所的制約からも解放されて英会話を勉強できるのが、オンライン英会話スクールです。

スポンサーリンク

そもそもオンライン英会話スクールってどんなところ?

英会話スクールであると、なんとなくイメージがつくかもしれませんがオンライン英会話スクールとなると、少しイメージがつきません。具体的にはどのように英会話の勉強をオンラインで行なって行くのでしょうか。まずはオンライン英会話スクールの簡単な説明をしたいと思います。オンライン英会話スクールとは、インターネット経由で、英会話講師のパソコンもしくはタブレットなどのディバイスと生徒のパソコン等をつなぎオンライン上でやりとりをするものになります。主にスカイプといったインターネットテレビ電話アプリケーションを利用して行なっていきます。

障害1:インターネットを利用するために必要なネットリテラシーが求められる

ネットリテラシーとは、ネットなどを利用するために必要な知識のことですが、まずはネット利用にある程度なれていなければ、基本的なオンライン英会話を始めるために必要なセッティングを行うことが難しくなります。仮にセッティングを行えたとしても利用している最中にちょっとしたトラブルでも怒ってしまうと英会話の勉強どころではなく、パソコンの操作方法やディバイスの操作方法に気を取られてしまうかもしれません。まずは最低限のネットリテラシーはパソコンリテラシーを身につけておきましょう。

障害2:ネット回線状況によっては、音をヒアリングすることが難しくなる

電話でも声が遠いという状況が起こるように、ネット回線の接続状況によっては音声が途切れてしまう可能性があります。そのためにせっかくオンラインで英会話を学んでいても、途切れ途切れ講師の英語を聞き取ることが困難になってしまいます。英会話スキルの高い人間であれば、途中の声が抜けていたとしても推測して会話をすすめることができますが、そもそもスキルが高くないのスクールに通っているわけですから会話を推測するという高度な技術で会話をすることは難しいはずです。なにより、なんとなくで会話をしてしまったら、英会話スクールの意味はありません。このような状況を作らないためにも、しっかりとしたインターネット環境を整えておきましょう。インターネットの光回線を整えておきましょう。

障害3:パソコンであるためにリアル感を感じることができない

オンライン英会話ということで、パソコンに向かって会話をすること自体に抵抗を感じるひともいるのではないでしょうか。また英会話を学びたいという人からすると、外国人と対峙したときの緊張感をもったうえで会話スキルを向上させたいと考えている人が多いのではないでしょうか。そのためオンライン英会話であると、どうしても相手講師のリアリティーを感じることが薄れてしまい、学習そのものに緊張感をもって望むことが難しいのではないでしょうか。

まとめ

三つのオンライン英会話の障害を踏まえた上で、それでも英会話をオンラインではじめたいという人は、まず三つの障害を一つずつ乗り越えていきましょう。リテラシー問題の解決としてはまず手元のスマホからでも勉強はできますのではじめましょう。そして、回線問題はフレッツ光などの光回線を学習する場所で整えておきましょう。そして、オンラインでも実践を感じられる・緊張感を感じさせる英会話を提供してくれるスクールをいくつか比較検討していきましょう。そうすることでよりオンライン英会話スクールで自分の求めている成果を得られるかと思います。



タイトルとURLをコピーしました