英会話仲間と一緒にゲームで身につく【English Game 5選】

スポンサーリンク
英語学習

英語の勉強をするのは様々方法がありますが、実際に仲間と集まって英語を使ってゲームをすることが英語学習において重要な役割を果たします。それは、授業や教科書から取り入れた知識をアウトプットする必要性があるからです。しかし、実際の会話を英語で再現するには演技力が必要で、演技派ではない内気の性格な日本人にはなかなかアウトトップするまでが難しいとことです。今回は詰め込んだ知識をアウトプットするために使える英語ゲームを5つご紹介しますので、ぜひ英会話仲間と実践してみましょう。

スポンサーリンク

tabu card game(タブーカードゲーム)

タブーカードゲームです。その名の通り、タブーを言ってはいけないゲームです。まずは上記のようなカードを用意します。インターネットでもタブーカードと検索するとヒットするので検索してみてください。もし、購入するのもお金がかかるという人は100均で白紙のカードをつかって上記のようなカードを数枚用意しておきましょう。

  • 必要人数:2名以上
  • 必要レベル:オールレベル
  • 鍛錬スキル:単語力・表現力が身につきます。

タブーカードの遊び方

伏せたタブーカードを伏せた状態のまま、おでこに貼り付けます。次に別の人が何という単語が書かれているのかをカードを持っている人間に書かれている単語以外の言葉で相手に伝えるのです。例えば、上記に書かれているTOILETという単語を相手に推測させる場合に、”This is a place name and usually you go to the place. Most of house has the place. In the morning, I usually go to the place then feel better….”という具合に説明していきます。この時にPeeやPoopという言葉を使って説明してはいけないというもののです。わからない英単語や表現を別表現で説明するための力をこのゲームで身に付けることができます。人数が多ければ、チーム対抗戦で対応してみても面白いかもしれません。

True or False Game(嘘当てゲーム)

英作文を作るのが苦手という人は、このゲームで鍛錬することをおすすめします。また、実際のエピソードなどや当日あったことを英語で相手に伝えるには非常に重要なアウトプットができるゲームです。

  • 必要人数:2名以上
  • 必要レベル:英作文ができる程度
  • 鍛錬スキル:英作文スキル・質問スキル

True or False Gameの遊び方

対戦するチームどうし、もしくは個人通しでまずは3つ英文を作成しましょう。この際に本当の話を2つ、嘘を一つ入れた文章を作成しましょう。その三つの文章を相手に定時します。それらの質問に対して決められた時間内に相手に対して質問をすることができます。最終的にいずれの文が嘘かを当ててみましょう。この時に3つの文章が相手にとって興味のある内容であるとより、ゲームが面白くなります。

Make a long story(物語ゲーム)

ある程度興味や趣味の合う、英語勉強仲間とすることをおすすめしますが、同じ英会話スクールの仲間で同じレベルの人間とチーム対抗ですることをおすすめします。

  • 必要人数:4人以上
  • 必要レベル:英作文ができる程度
  • 鍛錬スキル:英作文スキル・推測スキル

Make a long storyの遊び方

読んで字のごとく、物語を二人2組以上で作成して競うゲームです。人数が多ければ多いひど以外と盛り上がるゲームです。まずは共通のお題を一つテーマに英作文を作ります。次の人は同じチームの人が先に書いた文章に続く文章を作成します。時間制限を設けて、時間いっぱいまでひたすら考えつくまで文章を書き続けます。最後に出来上がった文章を読み上げ、より面白かった文章や、辻褄があう文章ができたかを競い合うゲームです。

Bord race(連想ゲーム)

何かを思い描き、使いたい単語や表現の言い回しを考えるのは日本語でも難しいところではあります。一つの単語を表現するにしても複数通りの表現があることがわかります。この表現の幅を英語にも持たせるために必要な英語ゲームをご紹介がこちらの連想ゲームです。

  • 必要人数:2人以上
  • 必要レベル:All Level
  • 鍛錬スキル:Vocabulary

Bord raceの遊び方

お題を決め、それに関連した英単語をひたすら書き出すというゲームです。ブレストと似ているところがありますが、制限時間いっぱいに多くの英単語を書き出せたほうの勝ちとします。ただし、このときに一度単語の関連性が低くなかったかどうかを教師、もしくは審判やくが判断したほうがよりゲームを楽しめることができることでしょう。

what’s my problem(私の問題解決ゲーム)

自分が考える相手の問題というのは、以外にまとを得ている場合があります。このゲームを通じで相手がどのようなことを思っているのかを深めに理解することができ、今後の英語勉強生活を有意義にすることができるはずです。相手に質問する力、伝える力を発揮できるゲームになるます。

  • 必要人数:2人以上
  • 必要レベル:Intermediate Level
  • 鍛錬スキル:スピーキングスキル・推測スキル・質問スキル

what’s my problemの遊び方

複数のポストイットに、自分の最近あった問題や悩んでいることなどを英文で記載します。複数枚シャッフルし、一人の人の背中にこのポストイットを貼ります。貼られた本院はポストイットに何が書かれているのは読まないようにしましょう。一方で、まわりの人間は、どのような問題が相手に発生しているのかを別のいいまわしで表現していきましょう。最後にポストイットを貼られいる内容はどのような問題なのかを推測してみましょう。正解者であれば次の人に変わって次にすすめます。複数人で5VS5人という対決であれば、先に全ての人の問題を探り当てられたら終了となります。

 

タイトルとURLをコピーしました