ブログの記事に必要な文字数って大体どれくらい?どうして?

ライティング

ブログの記事に必要な文字数ってどれくらいだろう?と考えたことはないでしょうか。結論から先にいってしまうと必要文字数は今や2000文字以上と言われています。その理由は何故なのか?そしてどうやったら1記事あたり2000文字以上を書けるようになるのかについて話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブログ記事の文字数は実は何文字でもいいにいきまってる

冒頭部分の2000文字ということと反対のような見出しですが、本来ブログ記事の文字数は何文字でもいいんです。

ブログの目的というのは本来、個人の日記のようなものや芸能人の活動記録のようなものでした。それがいつしかアフィリエイトやアドセンスなどが生まれて気がつけばブログというのは稼ぐためのツールとして利用されるようになりました。

その結果、アクセスを得るためにGoogle検索にいかにして自分のブログ記事が表示されるかを考えた結果1記事あたりに必要な文字数というのが考えられるようになってきました。

Google検索結果の上位に表示させるために必要なブログ記事の文字数とは

Googleの検索結果上位に自分のブログもしくはブログ記事を上位に表示させるためには全てのブログ記事が最低でも2000文字以上ある必要性があります。

なぜこの2000文字と言われているのでしょうか。

welq問題が起きる少し前に、私自身もメディアを立ち上げる仕事をしておりました。その当時の必要文字数は1500文字程度と言われていました。

しかしそこから5年がすぎて、今や業界のスタンダードが2000文字になってきています。そして徐々に3000文字になろうかともしています。

理由は、メディアやブログの競合同士で記事の文字数=コンテンツ量を競っているからです。

何故文字数を競い会うのかはいたってシンプルです。それはGoogleの評価基準がコンテンツが充実しているものが評価されやすい傾向にあるからです。

もろんスニペットなどをつかって、ユーザーが求めている情報をサイト内のページごとに整理してあるサイトも検索上位に上がる要因でもありますが、サイトを整理するということはWordpress(ワードプレス)を利用していれば問題はありません。

結局、競合との差別化をはかるための物としては文章量ということになってしまい文字数が増えてきています。

ブログは文字数制限がないところで自由にかけるのがウリ!

そもそもの話をしてしまうようですが、文字数を気にしていたら良いコンテンツはそもそもかけません。

文字数に縛られることなくかけるのがブログの良さでもあります。

これは視点を変えて話をしていますが、紙媒体などに文や記事を寄稿するときなどは文字数制限があります。それは200~500文字もしくは1000文字だったり色々です。

一方でブログは1万文字でも2万文字でも伝えるのに必要な文字数への制限はまったくないのです。

文字数を気にしてブログがかけないと思わずにもっと自由にブログを書いていきましょう。その結果として2000文字は気がつけば少ない文字数であるということに気がつくはずです。

今1000文字書くのにも、ましてや2000文字書くのにアイディア が浮かばないという人は、アイディア が浮かばないのではなく慣れていないだけなのです。

慣れてしまえば1つのトピックに対して文章を広げることが簡単になってきます。むしろ書く人たちにとって難しいことは決められた文字の枠組みの中に伝えたいことをまとめる作業なのです。

ブログ記事で2000文字も書けないという人の練習方法

もし2000文字もブログ記事なんてかけないという人がいれば、以下のことをまずは意識して記事を書くようにしておきましょう。

  • まずは5つのブロックを意識する
  • 1ブロック400文字を意識する
  • 1ブロックあたり2段落をつくる
  • 1段落あたり100文字を意識する
  • 1段落あたり5文章を意識する
  • 1文章あたり20文字

つまり1文章あたりの文字数を大体20文字程度で構成する1つの文章を作っていきましょう。そうすることで必然的に1段落が100文字になり、1ブロックが400文字なり、1記事にて2000文字へと繋がることになります。

といっても1段落あたり5文章というのはスマホなどでみられるブログにとっては少し長すぎるので、1段落あたり1〜2文章が好ましいかもしれません。

そうすると段落という括りを一度外して考えると1ブロックあたり400文字を意識するために文章を20程度書く必要があります。

そして5ブロックの構成ですが、基本構図として

  • 序文(リード文)
  • 見出し1
  • 見出し2
  • 見出し3
  • まとめ

以上のことを意識して書くと綺麗に記事をまとめることができるはずです。序文に対して400文字っていうのは多いので200文字程度が本当は好ましいかもしれませんが、そのあたりは慣れてきてから形を変えていければいいかと思います。

この形で、2000文字行かなかったとしても別に1900文字程度であれば文章をアップしてもいいと思います。無理せずにまずは形に慣れて行くことが大切です。

ブログの形に慣れていけば必然的に1900文字からプラスの100文字を作り出すことはきっと簡単なことになっているはずだからです。

ライティング 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Keiをフォローする
スポンサーリンク
大人の学習を応援する|want2study
タイトルとURLをコピーしました