英会話が5倍楽しくなる2つの心がまえと3つのポイント

スポンサーリンク
英語学習

英会話と聞くと、英語が苦手な人は身構えてしまうのではないでしょうか。またネイティブの先生を前にすると、思ったように会話ができないと感じたことはないでしょうか。きっとほとんどの人が同じように英会話教室などでの英会話に違和感を感じているのではないでしょうか。英会話をもっと楽しく学んで使っていきたいという人におすすめできる5つのことについてご紹介してまいります。

スポンサーリンク

英語教室の会話は婚活パーティー?

英会話教室の会話は、はっきり言って婚活パーティーのように知らない人に対して自分のことを話す場であるように感じます。婚活パーティーの場合、その日初めて知り合った異性に対して自分の興味のあることや出来事を伝える場があります。英会話教室の会話もはっきりいってこれと同じようなものです。あまり親しくない同じ教室のメンバーに対して、自身にあった出来事や興味のあることについて話をするわけですから話をすること自体がそもそも得意でない人にとっては難易度が高いと言えます。

つまり英語教室では、英語・日本語をとわずコミュニケーション能力が高い人間でなければ大変であるということを理解しておきましょう。このことをまず念頭においた上で、英会話教室にいくのであれば、会話がはずまない自身の英語力を悩む必要が無くなります。

話し相手について興味を持とう

婚活パーティーの続きではないですが、相手に興味をもつことからまずはじめてみましょう。英会話教室に通いはじめると自分自身の英語力や英語の上達状況にのみ、ついつい関心がいってしまい同じ教室のメンバーや先生に対して興味がわかないケースがあります。先生がものすごくイケメンだったり、美人であれば話は別かもしれませんが・・・

話相手の人がどんなことについて話ているのかを理解しようと思ったときに、相手について興味が持てなければ話も上の空です。事実、日本語でも異性から口説かれたとしても興味が持てなければ、話の途中に別のことを考えていたりして相手の話の内容など覚えていないことがあります。英会話を楽しむためにはまず、同じ教室のメンバーや先生に対して興味を持つようにしましょう。そうすることで、自然と相手の話に耳を傾けている自分に気がつくはずです。

自分にとって興味のあることを英語で知る

相手のことについて興味が持てるようになれば、次に湧き上がる感情としては自分のことも相手に知ってほしいという思いです。自分の興味のあることを相手に知ってほしいとおもうはずです。そんなときに重要なポイントとして自分の興味のあることに対してはとくに英語で情報を事前に仕入れておくようにしておきましょう。

自分の興味のあることであれば、大抵専門的な用語であっても知っている場合がありますが、あまりにも専門用語すぎて知らない場合もあります。たった一つの専門用語を知らなかったばかりに、自分の趣味のことや興味のあることを伝えられないということがよくあります。まずはその専門用語を事前に英語で調べておく必要があります。

また、逆に専門的すぎでネイティブの人も知らない単語出会ったりする場合があります。例えば、自身が麹菌というものに興味を持っている場合に、aspergillusという単語を使ったとしても相手が知らない可能性があります。そんなときは別の言い回しfungusや microorganismsといった言葉で説明できるように準備しておきましょう。

プライベートで英語を使える友人をつくろう

やはり会話を楽しむことができるのはプライベートのときではないでしょうか。お金を支払って会話をする環境というのはとても不自然であり、相手がよほどの聞き上手でなければ会話は成立しません。会話をより自然に楽しむためには、やはりプライベートでも英語で話す友人を作るということが大切です。

プライベートでも英語で話せる友人を作るということは、必ずしもネイティブスピーカーである必要はありません。同じ英会話教室に通っているクラスメイトでも構いません。共通の趣味があり英語を話したいという思いがあれば、プライベートで英語を使う友人として交友を深めていくことで自然と英語を使う機会も増え、英会話を楽しむことができるはずです。

最近学んだ言い回しや単語を使ってみる

いままで上記で述べた英会話を楽しむ心構えや環境が整い始めたら、次は自身の英語力を成長させるために最近学んだ言い回しや単語を積極的に使うように心がけてみましょう。会話の中で新しい単語や言い回しを使うことで、言葉が短期記憶から長期記憶へと定着させることができます。

例えば、「advocate=主張する、推奨する、支持する」というワードがありますが、I advocate using new words that you recently learned in your conversation. という文章を使いたくなってきます。といってもこの文章であれば固い印象を受けます。簡単なところであれば”You know, ~~”という口語的表現方法がありますが、これをAs you know, ~~と表現を変えるだけでも知的レベルが向上されている?と相手に印象づけることができるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました