ワーキングホリデーは英語学習における最後の手段である理由とは

スポンサーリンク
英語学習

英語学習をすすめていると、気になりだすのがワーキングホリデーと言われる制度を耳にすることがあるかと思います。この制度は、利用したことがない人からすれば英語学習もできて労働体験もできて滞在資金ができる最高の手段に見えてしまいがちです。

しかし、実はワーキングホリデーの実態はほとんど英語がしゃべれないで留学ニートになる可能性が高いのです。

スポンサーリンク

ワーキングホリデーでの働き口の実態

ワーキングホリデーの働き口のほとんどが、英語を使わなくていい仕事ばかりというのが実態です。もちろん、探せば英語を話せる働き口というのはあるかもしれません。ですが大抵の場合は、ブルーカラーと言われるような肉体労働的な仕事です。

さらに働いている同僚のほとんどが日本人であるという状況。ワーキングホリデーの働き口というのは、なかなか受け入れ先がないのが実態で数少ない受け入れ先に多くの日本人が詰めかけるのですから当然の結果なのでしょう。

日本食レストランでの働き口があるという場合でも雇う側からするとオーダーも取れない英語の人間をホールにだすはずがありません。結果として厨房アシスタントの場合がほとんどです。

滞在先でまとまる日本人

ワーキングホリデーの滞在先も、結局働き口が同じなので滞在先も同じである場合がほとんどです。

日本人同士でまとまってしまうと、日本語で話をしてしまいます。さらに、そのグループには長期間滞在しているボスザルが存在しています。無駄に滞在してどドヤ顔・・・けど英語の実力はさほど_・・・・

変わらない英語力

もちろん長期間すんでいればある程度の英語力は身につきますが、所詮はその程度の英語力です。真面目に語学学校や大学・大学院などでプレゼンや文章の基礎をみにつけなければ英語力は思うほど伸びません。

しかし、英語圏にいたという経験から勘違いをしてしまい英語力が高まったと勘違いするケースもあります。

ワーキングホリデーのメリット

ワーキングホリデーをディスってばかりですが、大抵の場合は本当にただ海外にあこがれをもっているニートばかりが集まる傾向にあるのは事実です。しかし、ワーキングホリデーにメリットももちろんあります。

  • 海外に中長期でも滞在することで、自身の英語力の位置をある知ることができ問題意識を高めることができます。
  • 同じ釜の飯をくった仲間ができるはずです
  • 日常会話程度の会話であれば身につきます(一年以上であれば)

ワーキングホリデーの制度そのものはすごく素晴らしいですが、利用している人たちの傾向が上記のようなものばかりで英語学習の手段としてはかなり最終手段と考えるべきかとおもいます。

ワーキングホリデーの活かし方

ワーキングホリデーという機会・制度をいかすも殺すも結局自分次第です。ワーキングホリデーのデメリットである上記の部分を加味したうえで、この制度を最大限活かす方法について簡単にお伝えしたいと思います。

1.目的を明確に

ワーキングホリデーの目的をまずは明確にしましょう。なんとなくというと周りに流されやすい環境がワーキングホリデーです。

もし仮になんとなく海外に行きたいというのであれば語学留学をおすすめします。

2.状況は自分で意識しする

ワーキングホリデーの状況は、結局のところ働いてもいますが留学ニートのようなものです。つまり、いつでもサボろうと思えばサボれるのです。

英語の学習がきついと思えば、日本人同士で話していることができます。働き先も面倒だと思えば簡単にやめることができます。

しっかりと自分の状況分析を常に行い、そして目的を達成するために今の状況はいいのか悪いのかを判断していきましょう。

このことを意識することができれば、きっとワーキングホリデーというチャンスを自分のものにすることができるはずです。そして、ある意味セルフコントロールが必要なこのワーキングホリデーは英語学習において最善のさくではなく、最終手段とおもっておきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました