引越し業者を正しく選ぶ3つの選択手順

スポンサーリンク
不動産関連

引越しにはシーズンがあるかとおもいますが、一年の中でもっとも忙しいシーズンというのが3月中旬から4月中旬にかけてのシーズンではないでしょうか。実際に、この時期に引越しをした身としては、本当にこの時期に引越しする時は事前準備が必要であるとつくづく感じた一方で、この時期だから準備ができないというのもあるんではないでしょうか。さて、そんな引越しシーズンをへて実際に引越し業者を選ぶ基準についてご紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク

大手と地元企業のメリットとデメリットを知っておく

当然のことながら大手と地元の中小企業である引越し業者であれば、対応が全く違うということを再認識しておきましょう。大手には大手のメリットとデメリットがあります。地元の引越し業者にもメリットとデメリットがあります。まず引越し業者を選定するにあたり、大手にするのか地元の引越し業者に依頼をするのかを選定しておく必要がありますので、この二者間のメリットデメリットについて知っておきましょう。

大手引越し業者のメリットとデメリット

とにかく大手引越し業者については、認知度が高いということもあり引越しを頼むときの安心感が違います。この安心感は今まで大手が培ってきた実績と利用者の経験がそう感じさせてくれるのかもしれません。さらに多くの実績から得た知見を生かして様々なサービスから目に見えないサービスを展開しています。特に目に見えないサービスというものは、引越し業者内における規則であったりすることもあります。

例えば、ある大手の引越し業者では、作業者が作業前に待機している車の中での喫煙を遠回しに禁止しているところもあります。ノンスモーカーや子供がいる家庭にとっては、引越し業者の方がタバコ臭いことに抵抗を感じるのも少なくないはずです。引越し元に関しては構いませんが、引越し先にタバコ臭い業者の人が入ることで数時間タバコの臭いが残ることがあります。このような体験は引越し依頼者にとってはやはり気分のよいものではありません。大手はこのような経験さえも無くそうという努力をしているので安心して引越しをお願いできるのではないでしょうか。

逆にデメリットとしては、金額はもちろんですが融通がきかないという点が大きなデメリットの一つではないでしょうか。先ほども述べたように車中における喫煙行為すらルールかするのが大手であるので引越し作業に関してはかなりのルールを定めています。そのため、ちょっとだけお願い!といった依頼者のお願いに対してフレキシブルに行動することが難しいというデメリットがあります。もちろん大手は、最大限このような細かい要望に対して答える努力はしているかと思いますが、十人いれば十人ことなる要望があるため全ての要望に答えないルールすらあるのが現状です。

地元引越し業者のメリットとデメリット

地元の引越し業者は、とにかく大手の引越し業者よりも価格が安いことが売りではないでしょうか。大手ができない細かい値引きやサービスなどを行なっていたりします。さらに、引越し依頼者の要望に対しても柔軟に対応することができるのもメリットの一つではないでしょうか。大手がしてくれない作業なども地元の引越し業者であれば行なってくれることがあったりします。

デメリットは、引越し業者よりもルーズであったり規律が整っていないということが言えるのではないでしょうか。やはり、大手と比べるとどうしてもルールが徹底していない分、慇懃無礼な振る舞いの人が多いように感じるのも事実です。価格なりのサービスであるということを把握する必要があります。さらに繁忙期であれば、メリットであった柔軟性も人手不足から一気に失ってしまうこともあります。繁忙期には極力避けたいのも事実です。

値段だけでなく口コミをしっかりと確認しておこう

さて大手企業か地元企業かを決めたところで、実際に業者を選ぶ段階に入ります。このときにもっとも注意してほしいこととしては、金額だけで判断してはいけないということです。どうしても企業支持の転勤であれば極力出費を減らしておきたいということもあるかとおもいます。ですが、価格だけで決めてしまうと自身が苦労する場合がほとんどです。

値段だけではなく業者ごとの口コミをまずは、引越しの比較サイトなどに掲載されている口コミ情報を確認する必要性があるかとおもいます。逆にランキング上位に表示されている企業も口コミをよくよくみてみると自分が気にしているようなことをしている業者もあるかもしれません。まずは口コミをしっかりと確認しておきましょう。

引越し侍
https://hikkoshizamurai.jp/voice/

価格.com
http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/reportsearch/single/

SUMO引越し
https://hikkoshi.suumo.jp/ranking/

クチコミランキング
https://kuchiran.jp/life/moving.html

付属のサービスに何があるのかを確認しておこう

ある程度、業者を絞り込めれば次にそれぞれの業者のサービスの違いについて把握しておきましょう。大手の引越し業者であればある程度のサービス内容は変わらないかもしれませんが、例えば実際に利用する引越しのダンボールのサイズが小さかったり、ダンボールの回収までの時間が長かったりしてしまい部屋が片付かないこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。当たり前のことかもしれませんがまずは、大手か地元企業の引越し業者かを選び、次に細かい業者の選定を行ないましょう。大きな選択から細かいことを選択してくうちに必然的に2〜3社程度にしぼっていくことができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました