転職理由を考える前に、転職活動をすすめる5つの理由

スポンサーリンク
仕事

上司がムカつく、仕事でつかれてくたくたで本当に嫌になる。転職したいと思い始めたら、無意識に転職する理由を色々と考え始めます。それは、無意識に転職すること自体がいいことではなく転職する正当性を求めているからに他なりません。しかし、そんな正当性をみつけなくても、会社が嫌だから転職したい!と思った人は早速転職活動することをおすすします。それには5つもの自分にとってメリットとなる理由があるからです。

スポンサーリンク

転職活動で知ることができる自分の市場価値

転職活動をすることで、自分の転職市場における価値を肌で体感することができます。具体的にいいますと、転職したいあなたは今の会社よりも高く評価されるのか低く評価されるのかを知ることができるのです。

今まさに就職活動を始めている大学四年生の方はもちろんのこと、履歴書が審査を通過し面接にいけるかどうかでまず自分の転職市場における基準を知ることができます。中には書類が通過しないケースもあるはずです、それが年齢のためか経験不足のためか今ははっきりと知ることはできませんが、推察することは可能です。

一方で、書類がだすところ全て通過し1時面接だけでなく最終面接で『今すぐにでも欲しい人材だ!即戦力だ!』と言われ、多くの会社から内定や高給与でのオファーをいただくこともあるはずです。

今の自分に必要なもの・スキルがみえてきます

これらの市場における自分の価値を把握することで次に、重要なもの・スキルがみえてくるはずです。

事務職に転職したい、専門職に転職したいという方はまず面接を受けるよりもまえに、これらの職種に関する資格講座の受講や勉強を独学で始めているケースがあります。もちろん学習すること自体は悪くはありませんが、効率が悪いと言えます。それは、どのような資格やスキルが実市場で、どの資格がどれくらい必要されているかを面接で知ることが可能です。

例えば、事務職に転職したいと思って秘書検定を一生懸命うけていたが、就職活動を行うことで秘書検定よりもパソコンでのの情報処理能力などがより高く評価される場合があることを知ることができます。

情報収集を行うことができる利点

転職活動を行うことで、知ることができる情報というものもあります。求人情報を探している過程においても情報を知ることができ、さらには面接中でも情報を聞き出すことは可能です。

例えば、あなたがフロントエンドエンジニア出会った場合、面接時に面接官から聞かれる質問の中に情報が眠っているかもしれません。日々情報が更新されるような職種であれば、なおさら競合や大手などの面接は受けることが可能であれば情報を仕入れることができます。また情報を仕入れることで、情報収集にとってのキーワードを探ることができるかもしれません。

転職活動が、今抱えている悩みを解決してくれる

転職を悩んでいる、まさに今の状況の悩みを転職活動そのものが解決してくれます。それは、自分の市場価値や不足しているスキル、情報などを仕入れることにより「転職すべきか否か?」の答えが見えてきます。

転職活動で書類審査も通らず市場価値も低いという結果がみえれば、今の自分を雇ってくれている会社に対して感謝の念が生まれてくるはずです。もしそれでもどうしても辞めたいという思いが強ければ活動で仕入れた情報をもとに何が必要かを把握し、スキルアップのための行動を起こすことができるはずです。ビジネス英語能力が足りなかったために転職できなかったという分析をしたのであれば、今の会社に勤めながら英語の弁jん今日に集中することができるはずです。

キャリアアップのチャンスを獲得することができるかもしれない

転職活動をすることで、自分の市場価値が高く今の職場よりもはるかに高待遇で自分を雇ってくれる会社を見つけることができるかもしれません。

もし、今あなたが「転職をしたい」だけどな〜なかなか状況的に難しいからできないよな・・・自分なんか取り柄もないし、スキルも低いし・・・・と自分を過小評価して転職活動から遠ざかっているのであればキャリアアップのチャンスそのものを獲得することができません。やはり大きなチャンスをつかむ人は、他の人よりも行動しチャンスを探し求めています。

まとめ

転職したいな、会社嫌だなな、辞めたいなと思ったらまずは転職活動が基本です。多くのサイトで自分がきになる企業にかたっぱしから連絡をしていきましょう。そして多くの企業を面接で見て回るうちに自分自身の市場価値や足りないものを見いだすことができ、今のあなたの転職に関する悩みを解決してくれるずです。そして何より、あなたが成功するためには行動を起こすことです。考えることはもちろん重要なことですが、考えすぎて行動ができなければ結局チャンスをつかまることはできません。妄想を膨らませても成功はできません。風船は実際に空気を吹きこんではじめて大きくなります。転職を想像しているだけではなく、実際にまずは活動していきましょう。そしてそこから次の考えや行動についてのヒントを得るようにしてみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました