飲食店が自社のホームページを持った方がよい理由と作り方

仕事

旅行先や引越した先で、新しい飲食店を開拓しようとほとんどの人はインターネットで検索するのではないでしょうか。「地域名or最寄駅」+「食べたい料理」などの検索キーワードでヒットするお店を探そうとします。しかし、実際には大手グルメサイトのまとめ記事などが出てしまい、これらのグルメサイトに掲載されているのは大手チェーン店ばかりで代わり映えしない検索結果にがっかりしている現状です。

スポンサーリンク

競合が少ないという事実

飲食店でホームページを持っている店舗が少ないということを冒頭で説明しましたが、この事実はつまり競合がすくなく検索結果として上位に表示させることが可能であるということの裏返しでもあります。ほとんどが今グルメサイトに情報を掲載しているため自社でホームページを持つことが少なくなってきています。そのため、自社でホームページをもつことで競合よりも優位に立つことができるということです。さらに、観光地などにある飲食店であればホームページを持つだけで検索上位に表示される制作を自社サイトで行うことが可能です。

例えば、「宮崎 肉料理」と検索しても出てくるのは大手グルメサイトやまとめサイトになります。このようなサイトの情報は実はユーザーは見飽きているのが現状です。このような検索結果の中に、一つだけあなたのサイトが表示されるようになれば、大きな集客を見込めるはずです。しかし、ある程度インターネットに知見のある人であれば、大手のグルメサイトよりも検索上位にあがることが難しいと感じるはずです。しかしこのような問題点も今はMEO対策というものを行うことで解決できます。

集客ツールとして育てることができるということ

MEO(Map Engine Optimization)対策ですが、SEOと同様に地図上に表示させるための方法の一つです。SEOと同様にMEO対策などを、自社ホームページを持っておくと自分たちで対策を行うことが可能となります。つまり集客するための自分たちの看板を育てることができるということです。

さらに、一旦SEOやMEOで検索上位に表示されるようになれば、手間をかける時間も初期よりも少なくなり本業である飲食店に集中することができ費用をかけることもありません。一方でグルメサイトへの掲載だけであれば、どうしても他の会社のものですので費用を定期的にかけなければ集客することができず、さらに一旦費用をやめてしまうと集客効果が薄れてしまいます。

自分のこだわりを発信できる場所

グルメサイトであれば、プランに決められた文字数やページ数でのみの枠で情報を発信することしかできませんが、自分のお店独自のホームページであればこだわりの情報を毎回自身で更新することができ、はるかにグルメサイトよりも多くの情報を発信することができます。
お店のこだわりを多くの人に知ってもらいたい飲食店の方であれば是非とも自社のホームページを持つことで、情報発信とともに自社のブランディングを行うことも可能です。

グルメサイトのコストの方が高くつくという事実

先ほども少しふれましたが、グルメサイトへの掲載であると日々の掲載費用がかかってしまい結果的に自社サイトを制作するよりもかなりの費用がかかっていることがあります。また、グルメサイトに掲載するだけでは多くの競合の中に情報として埋もれてしまいますので広告費がかさんでしまいます。

まずはホームページ自社でつくる費用と、グルメサイトへの掲載を比較検証しておきましょう。相場として飲食店のホームページは30万円前後のようですが、カスタマイズ性を将来的に追求するのであれば50万円程度の予算はあった方がよいでしょう。

ホームページをつくる3つの手段

では、実際にホームページをつくるのにどのような手段があるのでしょうか。大きく分けて三つの手段があります。

・ホームページ制作業者に依頼する
・ホームページ制作ツールを使って自分で作る
・FacebookなどのSNSでページを作成する

以上の三つがありますが、三つ目のSNSでの自社ページを制作することはあまりおすすめしません。簡単ではありますが、グルメサイト同様にカスタマイズ性が乏しく自社でSEO対策やMEO対策を行うことが難しいからです。ではん、ホームページ制作業者と制作ツールのいずれかの選択肢になりますが、自身での制作ツールであるとどうしても素人感が出てしまいます。また、最近出ている無料のホームページ制作ツールも他者の広告が入る場合がありますので、結果としてホームページ業者に依頼することをお勧めします。

まとめ

グルメサイトが台頭し、自社のホームページをもつ店舗が少なくなってきたからこそ今ホームページを持つ必要があります。さらに、そのホームページの更新を行うことにより集客ツールとして日々強化することで、どの広告媒体よりも集客力のある独自宣伝ツールとして育てることができます。まずは、実際にホームページ制作会社に連絡し見積もりを取った上でグルメサイトとの運用費の比較を検討してみてはいかがでしょうか。

仕事 飲食店経営
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Keiをフォローする
スポンサーリンク
大人の学習を応援する|want2study
タイトルとURLをコピーしました