蔵元は今ネットショップ直販をするチャンスである理由と蔵元の強みとは

BizTip

蔵元のネットショップの運営は難しいというのが通説です。理由としては、現在のネットショップにおいて多角的商品を展開できない蔵元において広告投入以外の流入を見込めないからというものです。そのため、蔵元直営のネットショップは出店してもブーム時とくらべ売上を伸ば背ていない現状です。しかしそこがある意味チャンスだと言えます。

今回は蔵元が今、直販をするチャンスである理由とチャンスを生かす方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

今軒並み売上を落としてきている直営店の実情は競合が少ないということ

焼酎ブーム・日本酒ブームの時に蔵元直営のネットショップが売上を伸ばしていましたが、現状では目立ったネットショップはありません。当時有名であったのがあさびらきさんですが、今では当時ほどの伸びは感じないのが正直なところです。

ではお酒部門で売上をあげているところを注目すると多商品を販売している酒販店さん経営のネットショップが売上を伸ばしている現状です。もちろん、こいうところに蔵元はお酒を卸すだけでよかったのですがやはり直の売上を稼いで安定収益を確保していきたいところです。

酒販店が競合ということですが、この酒販店さんとの競合優位性に重きおいて運営をすることが重要になってきます。

ネットショップ業界がSEOという観点から運営をしているところが少ない

ネットショップのSEOというと、商品名のタイトルやキャッチコピーにキーワードをぶち込んでいくというのが主流で今でも商品名のSEOというのが即効性があるとされていますが、本当の意味でのSEOではありません。

ネットショップにおけるSEOの方法として商品コンテンツを増やしたり商品についてのコンテンツを増やしてよりユーザーに対して商品のことを知ってもらえる方法を考えサイトづくりをすることで対応することができます。

しかし、大抵の店舗がこのようなSEOの本筋からはずれて小手先の昔ながらの方法でSEOを行なっていたりネットショップにおけるSEOはないという判断のもとしていない店舗がほとんどだということです。ここでSEOを直営店が行うこと他社・競合と戦うことができます。

蔵元直営のネットショップが活かせる強みとは

蔵元直営のネットショップにおける強みを生かした運営ができれば、売上を伸ばすことが可能です。この蔵元の強みというのが商品情報の深みについて触れることができるという点です。

ネットショップにて重要なポイントとして商品の情報量というものがあります。蔵元であれば自分たちが作っているお酒がどのような原材料でどのような工程でできているかを知っています。

お酒の作り方を説明するとき、酒屋や居酒屋のあんちゃんが説明するよりも蔵元ではたらいているあんちゃんが説明するほうが10倍に20倍も説得力があります。この説得力がネットショップにおける強みと言えます。

蔵元直営のネットショップがはまりやすい現状をしっかりと把握しておく

蔵元直営のネットショップが陥りやすい状況としては、製造期においてネット情報を更新することが難しくなるということです。このような状況をある程度見越してネットの運営をするということが重要になってきます。

製造期は本当に朝一から動いて終わってからネット更新ができればいいのですが、大抵の場合は28時間労働のようなところもあるかと思いますので、この点は他の方が更新できるように育てておく必要があります。別にパートさんでも構いません。最低限の更新ができるようにしてもらいます。

まとめ

ネットショップ業界における蔵元の立ち位置というのは決して高くはありません。市場規模もそれほど高くはないかもしれません。しかし、確実にネット市場においてファンづくりをしてくということが今後の酒類業界が生き残っていく方法なのかもしれません。そこには、ある意味競合が少ない今がチャンスであるようです。

しっかりと現状の強み・弱みを理解した上で競合の分析と機会を見逃さいネットショップ運営をすることで蔵元直営のネットショップの売上は確実にあげることができるはずです。ぜひ挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました