売掛け金をいますぐ現金化!おすすめのファクタリング会社ご紹介

スポンサーリンク
仕事

お店を経営しているとキャッシュがどうしても必要というときが出てきます。運転資金というより急な出費によるものや急な仕入れをしなくてはいけない状況の時がほとんどではないでしょうか。そんな時にすぐに銀行が融資してくれればよいですが時間がかかってしまいます。今回は、健全な経営をしている店舗であれば即日に売掛け金を現金化してくれるサービスであるファクタリングというものがございます。今回はこのサービス内容の概要と、おすすめのファクタリング会社についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

黒字倒産ってそもそもなんで起こる

お店の売り上げも順調で、特に借金などもしていない店舗においても急な出費が出てしまう場面があります。中には簿記上は黒字であるにも関わらず倒産してしまういわゆる黒字倒産となってしまうケースがあります。東京商工リサーチによると2017年に倒産した企業の約半数は黒字倒産だったとしています。このような黒字倒産になる原因として、売掛け金の回収サイトが買掛け金の支払いサイトよりも長いためにおこってしまうためです。

売掛金を現金化!してくれるファクタリングとは?

このような黒字倒産のリスクを軽減してくれるのが、この売掛け金を現金化してくれるファクタリングというサービスです。一言でいうと、売掛け金を売掛先のかわりにファクタリングの会社が、期限よりも前倒しで肩代わりしてくれるというものです。
例えば、売掛け金で100万円ほどあり再来月に支払い予定のものがあった場合、今月中もしくは翌月にこの100万円をファクタリング会社が負担してくれるというわけです。

ファクタリングで即日事業資金調達

二社間契約のメリットとデメリット

またファクタリングには、二通りの契約方法が存在します。1つめは売掛け金を買い取って欲しいA社とファクタリング会社のみで契約を行う二社間契約というものが存在します。お金の流れとしては、まず契約締結後にファクタリング会社からA社に売掛け金のお金が支払われます。その後、A社に売掛け金のお金が通常サイトで支払われたものをA社がファクタリング会社へお金を支払います。

この契約のメリットとしては、ファクタリングと申し込みのA社のみでの契約となるのでまずは申し込みから支払いまでのサイクルが早いという点です。さらに、契約がファクタリング会社とA社のみですので、第三者にファクタリングの事実を知られ、あらぬ不安をもたれないというメリットです。

一方でデメリットとしては、二社間のみでの契約ということもあり買取売掛金額に対する手数料がもう一つの契約よりも高くなるという事実です。こちらの手数料等に関しては後ほど比較させていただきますので会社ごとに確認してみてください。

三社間契約のメリットとデメリット

もう一つの方法は、売掛け金を買い取って欲しいA社と、A社の売掛先であるB社、そしてファクタリング会社の3社で契約をとりきめる3社間契約という契約形態があります。この契約形態でのお金の流れとしては、契約締結後にA社にファクタリング会社よりお金が支払われたのち、A社とB社間で取り決められた支払いサイトでの期間で売掛け金がB社からファクタリング会社に支払われます。

このメリットとしては、A社はファクタリング会社に対してお金を支払うという行為をしなくても良いという点と、二社間契約よりも買取売掛金額の手数料が低い場合があります。
デメリットとしては、契約が三社間ということで煩雑であるという点やB社に対してもファクタリング契約の承諾が必要となりますのでファクタリングの事実を社外に知られてしまう可能性があるということです。

以上の基本的なファクタリングについて説明させてもらったところで早速おすすめのファクタリング会社について比較・紹介してまいります。

7秒で資金調達を無料で見積もってくれる株式会社トップ・マネジメント





こちらの会社は東京の神田駅近くに事務所を構えているファクタリング会社ですが、こちらの特徴は法人経営者の方だけでなく、個人事業主の方でも法人相手に対して売掛金がある場合でも対応してくれるという点ではないでしょうか。さらに地方の方であれば成約時に交通費のキャッシュバック対応もしてくれるというのポイントです。
ここのファクタリング会社におけるもう一つの注目ポイントとしてあげられることとしては、やはり製造業や建設業、システム開発業といった3ヶ月以上の長期支払いサイトにも対応可能という点です。リフォーム業や建設業など一人親方で施工を請け負っている場合であれば、なおさら資金繰り等で急を要する場合もあるかとおもいますが、こちらの会社であれば過去の実績も1週間以内に契約が実行されているようです。
決算が赤字続きや税金の未納、新設法人や個人事業主のため金融機関での融資やビジネスローンの審査が通りにく売掛け金はあるが、キャッシュが手元になくて困っている方はまずは無理で審査してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました