子供のうちから英語を勉強した方がよい5つの理由

スポンサーリンク
英語学習

10代のうちに英語の勉強はしておいた方がよい、留学するなら早い方がよい。という話を聞いたことがないでしょうか。3つ子の魂百までという言葉に現されるように、3歳までの学習や培ったものというのは100歳まで続きます。英語学習も同じで、3歳までということはありませんが、なるべく子供が小さいうちから英語に触れておくことで大人になってからも英語に困ることがありません。今回は子供のうちに英語学習をしたほうがよい5つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

物事をしっかりと聞いて自分なりに理解することができる

言葉をまだ話し始めたくらいの子供や、これから言葉を話そうとする子供はとにかく音をよく聞いています。大人が話す言葉や音を聞いています。以前の「子供から学ぶ英語学習法とは?まずは聞くことから始まる3ステップ学習法」でお伝えしておりましたが、大人が聞き逃す音をしっかりと捉えているのです。特に日本語をマスターしてしまっている大人は、英語の子音が聞き慣れない言葉であるため発音をすることが難しいのですが、子供はまだこの子音をしっかりと聞き分けることが可能なのです。

失敗しても怖がらない勇気がある

小さい子供は、大人と比べると恥ずかしいという感情が小さいということです。もちろん、幼い子供でも恥ずかしいという気持ちを持っている子供はたくさんあります。しかし、大人よりもまだ失敗する経験がすくないからこそ、意味がことなる英語を使ったとしても経験として蓄積されることが多く、英語を学ぶ障壁にはなりません。むしろ語学という新しいものを学ぶ時こそトライ&エラーを繰り返していくことで、使い方をマスターしていけるのです。

知らないものは知らないとはっきり言える

大人は、知らないことを恥ずかしいと思います。一方子供は、「あれはなんというの?あれはなに?なぜ?」と好奇心の塊で、知らないものは興味の対象になるのです。英語が必要であるからということで学ぶ大人とは異なり、自分の知らない言葉に対して大人よりも真面目に向き合って学ぶことができるのが子供なのではないでしょうか。

ものまねの天才だから英語を覚えられる

子供は大人の真似をする。といえば、子育てを経験している親であれば誰しも頷くのではないでしょうか。うちの子もいつのまにそんな言葉覚えたの?といった、親の口癖を覚えているものです。英語学習でとくに発音を真似するということは非常に重要なポイントです。何事も真似をすることから、学ぶということが始まります。一つ一つの意味を完全に理解するよりも、言葉を一つまねたりフレーズを覚えることから言葉の理解がスタートします。

文化の一部として英語を理解することができる

言葉を学習する際に、一番の壁になるのが実は文化の壁です。文化を知ることができないために、英語の意味を理解しづらくなってしまうのです。よく英語のコメディーが理解できないという人がいますが、大阪人に東京の人のボケがわからないのと同じなのです。笑いのツボがわからないということは、言葉の本当の意味が理解できないことになります。子供は日本の文化を覚える家庭で、一緒に英語を学ぶことで英語が大人の文化を知るためのツールの一つとなるため、自然と文化を覚える家庭で英語も一緒に学ぶことができるのです。

まとめ

小さい子供に勉強を教える方法として、一番よくない方法が大人と同じ英語学習法をさせようとしてしまうことです。上記であげたように大人ではできない資質を全ての子供が持ち合わせています。自分で理解し、失敗しても物怖じせずに英語を学べる環境にしてあげるだけで、あとは子供の資質が磨かれていきます。多くの子供英語教材が今巷に溢れていますが、上記のようなことを兼ね備えた英語学習法をあなたの子供のために選んであげましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました